Notiz

東郷青児 蒼の詩 永遠の乙女たち《増補新装版》

July 22, 2020
Category: Edit,Writing,Book Design
Published: Kawade Shobo Shinsha

11年前に出しましたunderson野崎編著「東郷青児 蒼の詩 永遠の乙女たち」(河出書房新社)。版元にも在庫がなくなったため単に重版するのではなく新たに16ページ追加し、カバー・帯を新しくした増補新装版として出すことになりました。新たなカバーは京都朝日会館の壁画のために描かれた、ロマンティックでメラコンリックな青児の魅力が詰まった〈平和と団結〉。16ページ増補部分は《モダンガール讀本》と題し、未取材だった場所や、新たに発見した包装紙、コレクター所蔵の貴重な装釘本、マッチ、ノベルティペンダントなどを紹介しております。

http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309750453/

天然生活8月号

July 1, 2020
Category: Writing
Published: Fusosha

発売中の天然生活8月号で、「美し山の草木舎 野草の知恵と寄り添う暮らし」、そして、オムニバス企画の「あるものと暮らす工夫と楽しみ」で着物リメイク作家の松下純子さんを取材させていただいております。草木舎さんは京都・美山で野草茶などをつくっていらっしゃる工房です。
「若返りTea」などの野草茶がとってもおいしくて、また買いに行きたいと茅葺き民家ののどかな里山に思いを馳せています。
育児や介護などそれぞれの家庭の事情を抱えていても、女性たちが連帯してつながり、社会参加できる場をつくりたいという信念を持って運営されているところに感銘を受けました。
また、実はかなり着物好きなので、松下純子さんの活動も印象的でした。
蚤の市などで素敵な着物を見つけても、 昔の人は小柄な方が多いため着丈や袖丈が合わなくて着られないことが多かったのですが、今後、参考になりそうな話がたくさん。
(取り上げているのは、着物リメイクのことだけではなく暮らし全般ですが)

天然生活6月号

April 20, 2020
Category: Writing
Published: Fusosha

『天然生活』(扶桑社)6月号の片付け企画にて、京都の中心地から香川の海辺の町に移住されたモーネ工房の井上由季子さんを取材させていただきました。
ファッションページでも、si si si comfortの平井慶子さん、olgaの杉野亜衣さん、ギャラリーM2の中西ルミ子さんのページを担当させていただいています。
家ごもりを余儀なくされている今、この機会に片付けをしている人も多いのかなと思います。

ku:nel 7月号

May 1, 2019
Category: Edit,Writing
Published: Magazine House

『クウネル』(マガジンハウス)7月号の第二特集「みんな大好き、カレーの虜です」にて、大阪スパイスカレーのページを担当しております。店主はミュージシャンが多く、キャッチを“生き方としてのカレー”にしたかったほど、ひと皿に自由への希求や旅の記憶など、いろんなものがあふれてます。

March 15, 2019
Category: Writing
Design: Tetsuya Shiraishi_Fält
Photo: Akira Yamaguchi

underson野崎が大阪・吹田にある知的障がい者支援施設、『特定非営利活動法人 ホッと』さんのリクルート用冊子のコピーワークを担当しました。ADはFält(フェルト)の白石哲也さん、カメラマンは山口明さんです。山口さんの温かなまなざしの写真、白石さんの丹念なアートワークにより、小さな写真集のような仕上がりとなっています。ふだんは最大公約数的な多数派に向けたメッセージを書くことが多いのですが、生きづらさを抱えた人や少数派の人たちに寄り添いたいという気持ちが心のどこかにずっとあったので、意義深いお仕事となりました。福祉関係の就職フェアなどで配布されるものですが、機会があればぜひお手にとってみてください。