Notiz

出てこようとしてるトロンプルイユ

ヨーロッパ企画第36回公演「出てこようとしてるトロンプルイユ」のポスター、チラシ、リーフ、DMなどツールデザインさせていただきました。昨年の「来てけつかるべき新世界」から一転、串カツを絵筆に握り変え舞台を新世界からパリへ(初期プロットしか決まってない段階でビジュアルを作っているので多分舞台はパリかと……)いつもはPhotoshopで全体の質感やトーンなどいろいろいじくってるのですが、飛び出す石田さんも合成でなく人力トロンプルイユ(だまし絵)で合成なしの写真一発モノとなっております。
http://www.europe-kikaku.com/projects/e36/

私たち、戦争人間について

なんとも物騒なタイトル、石川明人著「私たち、戦争人間について 愛と平和主義の限界に関する考察」(創元社)のデザインいたしました。「戦争はなぜ起きるのか」「戦争の原因は何か」という問いを糸口に、戦争に対するさまざまな見方を、宗教学者でもある著者が、スリリングに読み解いていきます。

detail/カバー:エスティムNS  四六Y 128 + マットニス 表紙:コニーカード シュガー 四六Y 180 別丁扉;グラフィーC0C ナチュラルGS  四六Y 100 

風と土の秋田 二十年後の日本を生きる豊かさのヒント

秋田県発行のフリーマガジン「のんびり」の特集を抜粋しました、よりぬきのんびりこと「風と土の秋田  二十年後の日本を生きる豊かさのヒント」藤本智士・著(リトルモア)のデザインいたしました。写真満載だったフリーマガジンのときとうってかわってテキストベースの本となり、文字間からただよう豊かさのヒントを感じてもらえたらと。

装画:福田利之
detail/四六版 カバー:モデラトーンGAホワイト 四六Y 135  + マットニス 表紙:気包紙U-FSディープラフK/T 147.5 見返し;タント Y−5 四六Y100 本文:ビバーチェ 四六Y目 62

TiPi

毎週更新してます「なんも大学」は別として、久々のWebデザインのお仕事。大工さん、デザイナー、現場整理&通訳の外国人さんという三人からなる、内装デザイン・施工を手がける西宮・甲子園口の会社 TiPi(株式会社ティピィ)さんのWebsiteデザインいたしました。三人のチーム感を感じてもらえたればとデザインしました。
Coding:多々良直治(Cahier) Photo: 山嵜明洋

tipi-inc.com

竹久夢二 恋の言葉

またまた夢二本のデザイン。「竹久夢二 恋の言葉」石川桂子編(河出書房新社)新装版の装丁いたしました。夢二の日記や手紙、著作などにおさめられた、恋愛に関する言葉をあつめた一冊です。美人画もいいですがぜひ夢二の言葉の世界にもふれてみてほしいです。

detail/上製本 カバー、帯:グラフィーC0C ホワイト 四六Y 130 + マットニス  別丁扉:グラフィーC0C ナチュラルGS  四六Y 100