Notiz

「戀愛譚 東郷青児文筆選集」発売記念展

2018年4月28・29・30の3日間、underson野崎の編書「戀愛譚 東郷青児文筆選集」発売記念展として、東郷が手がけた装釘や包装紙、袋、マッチ箱などささやかな展示を大阪北浜アトリエ箱庭にて開催いたしました。東郷青児121回目の誕生日でもある初日から3日間ともおかげさまでたくさんの方に来ていただき本当にありがとうございました。

本町のシェ・ドゥーブル(chef-d’œuvre)さんに作っていただいたオリジナルお菓子。Seijiの“S”と星をかたどったメレンゲに、妖精の薄衣を彩る宝石のような銀色のアラザンがちりばめられた〈青児と星のメレンゲ〉。マカロンっぽい可愛い青ではなく、大人っぽいシックな青にして欲しいとリクエストしていたイメージぴったりの仕上がり。東郷の伝説の著書『カルバドスの唇』にちなんで、カルバドス(りんごの蒸留酒)をたっぷりと贅沢に染み込ませた〈カルバドスのミニパウンドケーキ〉『戀愛譚』にふさわしい大人っぽい味わいになりました。

ご来場いただいた方にお渡しするフリーペーパー《Pâtisserie Rêve bleu 青の夢 洋菓子店》も制作。昭和の頃、どこかの街にあったような架空のパティスリーに置いてある商品案内をイメージしデザイン。表紙は、2006年に惜しまれながら閉店しました〈渋谷フランセ〉の包装紙の絵なのですが、オーナーさんに使用許可のお願いをしたところ、快く許諾していただいただけでなく、お店で使っていたミニ紙袋の在庫をお譲りいただけるという奇跡が!数に限りがありましたので「戀愛譚」をお買い上げいただいた方にその紙袋に入れて差し上げました。本とお菓子を買っていただいた女性2人が、東郷の美人画があしらわれた〈渋谷フランセ〉の紙袋を手にし並んでいる光景は、なんだか東郷の絵が世の中に溢れていただろう昭和のあのころにタイムスリップしたかのような不思議な気分になりました。

お客さまのなかに、14年前にundersonで制作しましたフリーペーパー「gris-gris」東郷青児装釘本特集を持ってきていた方がいらっしゃいました。これがキッカケとなり、河出書房新社らんぷの本「東郷青児 蒼の詩 永遠の乙女たち」が出版され、生誕120年の展覧会にも微力ながらお手伝いすることになり、そして今回の文筆選集「戀愛譚」に繋がっていることを考えると感慨深いものがありました。ボロボロになってもまだ持っていてくださった「gris-gris」を眺めながら、東郷の作品のように長く愛されるモノをこれからも作っていきたいなと実感するエピソードでした。

東京人「東郷青児 生誕120年 昭和のやさしい面影に、ふたたび出会う」

ライター野崎が9月3日発売の『東京人』10月号にて、「東郷青児 生誕120年 昭和のやさしい面影に、ふたたび出会う」という8ページの記事をつくらせていただきました。西新宿にある損保ジャパン日本興亜美術館にて、来月16日から開催される回顧展に合わせた企画です。
東京での回顧展は20年ぶりとなるそう(大阪では来年2月、あべのハルカスでの開催)!旧丸物百貨店の大食堂壁画など、近鉄グループが所有する作品が初公開されるのが見どころとか。東郷ゆかりの洋菓子店巡りなど、展覧会後に街歩きもあわせて楽しめる構成となっておりますのでぜひ。

http://www.toshishuppan.co.jp/tokyojin.html

伝統こけしの本

東北を中心に11系統に分類される伝統こけし。その伝統を受け継ぐ現役工人13人をたずね、手仕事の美しさとこだわりを伝えるこけしガイド『伝統こけしの本』萩原健太郎(スペースシャワーブックス)のデザインいたしました。
こけしとは何ぞやという基礎知識から各11系統のこけしを正面から横から上から撮影しご紹介などなど、こけしビジュアル満載の一冊となっております。

detail/カバー:エアラス 表紙:ライトスタッフ 見返し;色上質 本文:4色頁/b7ナチュラル 1色頁/OKピクシードソフィア

竹久夢二❤︎かわいい手帖

もう何度目かの夢二本。「竹久夢二❤︎かわいい手帖 大正ロマンの乙女ワールド」(河出書房新社)のデザインいたしました。儚げで愁いをおびた和風な美人画の印象が強い夢二ですが、大正時代に描いたとは思えないような今見ても「かわいい」作品も数多くあります。そんな「かわいい」作品だけをセレクトしたかわいい三昧な一冊です。

los logos 6

logos6

ドイツの出版社Gestaltenより、ロゴ好きにはお馴染み「los logos 6」届く。underson madeのロゴ今回は1点のみですが掲載されています。