Notiz

宮沢賢治の地学教室

宮沢賢治作品のなかに織り込まれた、さまざまな地学的な知識をひもときながら高校地学基礎を学べる、新感覚の参考書「宮沢賢治の地学教室」(創元社)のデザインいたしました。実のとこ宮沢賢治作品はタイトルは知ってるものの教科書レベルでしか読んだことなかったのですが、今回引用部分みてると結構細かく地学的な描写があることを知りました。地学って学生時代はあまり興味がなかったのですが、この年になって学び直しな気分。関係ないんのですが、写植やフォントの組見本ってなんで宮沢賢治作品なんだろう?

装画:fuuyanm
detail/A5版 カバー・帯:OKミューズガリバーマット 四六Y 135  + マットニス 表紙:コニーカードシュガー 本文:b7ナチュラル

無形文化遺産ウィーンのカフェハウス

縁あって1年に1冊沖島博美さんのヨーロッパ本をデザインしております。3年目となる今年は「無形文化遺産 ウィーンのカフェハウス〜その魅力のすべて〜」(河出書房新社)。スプーンを逆さまにしてカップの上に置いて出すというウィーンのカフェハウスの仕来りをこの本で初めて知りました。

私たち、戦争人間について

なんとも意味深で物騒なタイトル「私たち、戦争人間について 愛と平和主義の限界に関する考察」石川明人(創元社)のデザインいたしました。「戦争はなぜ起きるのか」「戦争の原因は何か」という問いを糸口に、戦争に対するさまざまな見方を、宗教学者でもある著者が、スリリングに読み解いていきます。

detail/カバー:エスティムNS  四六Y 128 + マットニス 表紙:コニーカード シュガー 四六Y 180 別丁扉;グラフィーC0C ナチュラルGS  四六Y 100 

伝統こけしの本

東北を中心に11系統に分類される伝統こけし。その伝統を受け継ぐ現役工人13人をたずね、手仕事の美しさとこだわりを伝えるこけしガイド『伝統こけしの本』萩原健太郎(スペースシャワーブックス)のデザインいたしました。
こけしとは何ぞやという基礎知識から各11系統のこけしを正面から横から上から撮影しご紹介などなど、こけしビジュアル満載の一冊となっております。

detail/カバー:エアラス 表紙:ライトスタッフ 見返し;色上質 本文:4色頁/b7ナチュラル 1色頁/OKピクシードソフィア

風と土の秋田 二十年後の日本を生きる豊かさのヒント

秋田県発行のフリーマガジン「のんびり」の特集を抜粋しました、よりぬきのんびりこと「風と土の秋田  二十年後の日本を生きる豊かさのヒント」藤本智士・著(リトルモア)のデザインいたしました。写真満載だったフリーマガジンのときとうってかわってテキストベースの本となり、文字間からただよう豊かさのヒントを感じてもらえたらと。

装画:福田利之
detail/四六版 カバー:モデラトーンGAホワイト 四六Y 135  + マットニス 表紙:気包紙U-FSディープラフK/T 147.5 見返し;タント Y−5 四六Y100 本文:ビバーチェ 四六Y目 62