Notiz

身の丈にあった小さな事務所

大きな地図で見る 2013年4月1日よりundersonは南堀江から東横堀川のほとりに鎮座する、古き良き趣というには若すぎる昭和40年代に建てられた単なる古い3階建てのビルに場所を移しデザインを育むこととなりました。身の丈にあったこじんまりとした事務所にて、まごころ込めたデザインをこれからも皆様にお届けしたいと思っております。今後ともよろしくお願いいたします。 541-0047 大阪市中央区淡路町1-1-8 エイワビル203 Phone & Facsimile 06 7505 5192    

のんびり秋田 その3

NAMAHAGE

アートディレクションしております秋田のフリーマガジン「のんびり」3号の色校立ち会いのため5日間の秋田出張。ほぼ「のんびり」編集部と印刷所の往復でした が、1日暇な日ができたので秋田の「のんびり」デザイナー澁谷くんのアテンドで念願のなまはげ観光へと男鹿に。当日は暴風吹き荒むあいにくのお天気(& シーズンオフ)で日本海も荒れ狂ってましたが楽しかった〜。

futari-1

なまはげ館にてなまはげ体験!青がワタクシ、赤がシブマハゲ。 秋田のフリーマガジン「のんびり」はこの2人がデザインしております! 旅気分抜けませんがそろそろ出刃包丁をマウスに持ち替えるとします。

IMGP1572

秋田へ向かう新幹線の中で正式開催を知ったワタクシと澁谷くんが参加するトークイベント「深夜2時のブサイク」。なかなかの大火傷イベントでしたが、寒いなか来てくださった方々と開催に尽力してくださった関係者の皆々様に日本海より深い深い感謝を。    

島根・湯町窯のエッグベーカー

egg.jpg_effected

undersonライターが取材のお土産にと大阪日本民藝館のスーベニアショップで買ってきた島根・湯町窯の素敵なスリップウェア(粘土と水を 混ぜてクリーム状にしたスリップ(泥漿)で表面を装飾し焼成した陶器)のエッグベーカー。購入後、日々の忙しさから長らく放置してましたが遂に卵をドロッ プ!コンロに器をのせトロトロ弱火で3〜4分すると、温泉卵とはまた違ったフライパンでは絶対作れないもはや茶碗蒸しと言いたいくらいのふるふるの卵に! もっと早く知っておきたかった逸品かと。      

池田修三

ikeda

やっと額を買い、秋田で購入した池田修三さんの絵が我が家の一員となりました。 額装してあげると素敵さ倍増。 お気に入りの絵が家にあるってなんかいい感じ。    

のんびり秋田

秋田土産のなまはげもろこし。なかなかヒューモラスな奴ら。